ブジカエルの裏ブログ。話題は主に社会問題。

ウラカエルブログ

未分類

人口減少社会を歓迎する ―日本の人口はもっと減ればいい

投稿日:

総務省が昨日(7月10日)に発表した2019年1月1日時点の調査によると、日本人の人口は1億2477万6364人だったそうな。

人口減少が始まって10年。
減少は10年連続。

日本に暮らす日本人は2018年の1年間に43万人余り減り、この減少幅は1968年の調査開始以来最大で、神奈川県の藤沢市が消滅したのに等しい数字らしい。

人口減少はネガティブなイメージで語られることが多いが、私は、人はもっと減るべきで、もっと減ればいいと思っています。

近世末期の人口は3000万人

江戸時代の終わり頃の日本の人口は3000万人程度だったと、どこかで読んだことがあります。多分あの本だろうなと検討は付きますが、確認は今はサボります。

北海道と沖縄の人口は恐らく含めていないと思いますが、合算しても恐らく大差ないでしょう。

日本の人口は、このくらいに減ってしまえばいいと思っています。

だって、国土が狭い上に、山が多くて、海辺は津波が来るし、安全に住める土地が少ないのだから。

人口が減って何が悪い

人口減少がネガティブに語られる理由はもちろん、大体わかっています。
急激な人口減少で、一時的には大変なことになるとは思います。

でも、人口が増え続けるよりよほどマシだと思いませんか?

人が減るより、人が増え続ける方が、持続可能な社会・地球にとってはよほど危険なのだから。

国力が落ちる、国内向けの産業が不景気になる、社会保障が成り立たなくなる、ライフラインを維持できなくなる、空き家が増える、等々。まぁほぼ全部お金と知恵で解決できるかと。

狭い日本、少人数で暮らそう

人が増え続けけたら、その人たちが住む土地が必要です。

首都圏にはアホみたいに小さい一戸建てが密集して生えていますが、人が増えたら、ただでさえ狭い土地をさらに細分化して、小っっっさい一戸建てが増えていくのか?

それとも東京湾に一層高いタワマンをもっと建てて、一棟に1万人くらい押し込むのか?

そもそも日本の住宅政策は、他の先進諸国と比べると本当に無策で無法地帯。人口が増え続けたら、日本の住宅市場は今以上に手のつけようがなくなっていくことでしょう。

日本は狭いのだから、日本に住む人は減ればいいのです。

人口減少で他にもいいこと

日本人は贅沢です。
色んな点で。

だから、食べるもの、使用電力量、色々なものが環境負荷の高い状態。

そのわりに、先進諸国の中では労働生産性は低いとのこと。

二酸化炭素をたくさん排出するわりに生産性が低い日本人が減るのは、地球環境にとってはとても良いことでは?

だから、日本に住む人は減ればいいのです。

人口が少なくても素敵な国になればいい

例えば、スウェーデン、フィンランド、デンマークといった幸福度の高い国は、人口が少なくても、素敵な特徴のたくさんある国々です。

ヨーロッパだけでなく世界には他にも、人口数百万人レベルの魅力的な小国がいくつもあります。もちろん、どこの国にも問題は何かしらあるでしょうが。

日本もそういう国になればいいではありませんか。

人口が1000万人に満たなくても、一つの国として成り立ち得ます。だから、人口がどんどん減っても大丈夫!

途中、大変だろうとは思いますが。

-未分類

Copyright© ウラカエルブログ , 2020 All Rights Reserved.